妊娠中に必要な栄養素と知識

妊娠中は、お母さんのためだけではなく、赤ちゃんのためにもバランスの良い食生活から必要な栄養素を摂取したいものです。とはいえ、現代では妊娠中でも仕事を頑張る妊婦のプレママさんたちも増えていますから、上手にサプリなどを利用しつつ、必要な栄養素を補ってあげるとよいでしょう。

ここでは、妊娠中に必要といわれている栄養素について、ご紹介していきます。

<これだけは必要!妊娠中の栄養素>

〇葉酸
妊娠中に特に必須とされている栄養素の一つが、葉酸です。赤ちゃんの先天異常、例えば神経管閉鎖症などを発症するリスクが低くなるといわれているため、葉酸は妊婦さんが意識して摂取したい栄養素です。葉酸は普通、緑黄色野菜に多く含まれ、生物の細胞生産に必要とされており、赤ちゃんのお腹の中での発育、特に脳など大切な器官を作るのに欠かせないとされています。赤ちゃんの脳は妊娠のごくごく初期で作られるため、妊娠が発覚してからでは遅いとも言われています。妊娠を希望されている方、妊娠する可能性のある方は、日ごろから葉酸摂取を心がけましょう!妊娠時に必要な葉酸摂取量は、妊娠していないときの2倍の、400㎎が必要とされているので、不足していないか気を付けてくださいね。

○亜鉛
亜鉛不足はツワリをひどくしてしまったり、お腹の赤ちゃんの成長にも影響するとされています。亜鉛は、体の中で細胞分裂を活性化し、お肌や骨などの育成に関わったり、免疫力にも大きく関係しているとされています。妊娠中は、妊娠していないときより1.3倍の亜鉛が必要とされているため、自分の食事で亜鉛は足りているのか、足りていない場合はサプリメントなどの併用も視野に入れて医師に相談してみてください。

○鉄分
「お腹の中の赤ちゃんに鉄分をとられてしまい、貧血気味になる妊婦さんが多い」などと聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。妊娠中は、実際赤ちゃんのほうに鉄分が流れてしまうため、妊娠していないときより多くの鉄分が必要となります。鉄欠乏性貧血になってしまうと、動悸や息切れ、めまい、体のだるさなど辛い症状が現れるほか、お腹の赤ちゃんも酸素不足になり発達が心配になることも!妊娠時は20㎎と、妊娠していないときよりも2倍弱の鉄分が必要となることを頭に入れておきましょう。食事から補いきれないときは、鉄分が含まれている飲み物などを併用するのもお勧めです。

○カルシウム
お腹の赤ちゃんの骨を作るために大切なカルシウムは、赤ちゃんに足りないと母体の骨からカルシウムを補ってしまうため、妊娠中は普段の1.5倍のカルシウムが必要とされているので、おやつなどもカルシウム入りウエファーにするなど、工夫してみてください。

その他にも、積極的に摂取したい栄養素としてビタミンB6やB12、DHA、マグネシウムなども意識して摂取するようにしたいですね。

妊婦生活を楽しもう→絶対しちゃダメなことをまずチェック!